株式会社サンフジフーズ
ホーム 店舗紹介 社員紹介 企業マインド 企業概要 採用情報 教育&ステップアップ
企業マインド

心からのおもてなしが、サンフジフーズの力です。

強みは、土地のポテンシャルを読む力

当社のグループ企業が持つ「土地を活用する力」と、有力フランチャイザーが持つ「外食店舗をオペレーションするノウハウ」、この2つのコラボレーションにより誕生したのが、サンフジフーズが展開している 外食事業です。
2001年7月に焼肉レストラン「一番カルビ」を相模原市にオープン。「郊外立地にある本物志向の焼き肉専門店」という業態コンセプトは、従来のファミリーレストランに満足できなかった消費者の潜在的ニーズを掘り起こすことに成功しました。高級店に匹敵する品質と、リーズナブルな価格との両立。そして高品質なサービスによる非常に高い顧客満足度の実現。私たちは順調に出店を続け、関東圏にて店舗を展開しています。
また、新たな事業展開として駅近くに立地するピッツェリア「SALVATORE CUOMO & BAR」を2010年にオープン。本格的ナポリピッツァを中心としたカジュアルなイタリアンメニューを提供し、都内に3店舗を展開し、2014年からは新たに「コメダ珈琲店」の展開を開始いたしました。

量の追求はせず、「おもてなし」にこだわる

今後、私たちは、フランチャイジーとしての事業展開から、オリジナル店舗の開発も視野に入れ、新しい店舗開発に取り組む考えです。
まるで長年の友人の家に招かれたような、「あたたかさ」を感じられるお店づくり。接客マニュアルだけでなく、サービスする店員一人ひとりが、心から「もてなすこと」を楽しみ、工夫すること。私たちが、ファミリー層を中心に熱心なリピーターを獲得し成功した理由は、この「おもてなしの精神」の徹底に他なりません。「おもてなし」を自ら実践するとともに、数多くの店員を指導し、お店の雰囲気を作り上げていくチカラを持った店長は、一朝一夕では育成出来ません。それが、私たちが事業展開を急がない最大の理由です。
じっくりと腰を据えて、一流の店員や店長を数多く育てていく。そして、支持される店舗づくりの秘訣であり、将来の成長を約束する地盤づくりでもあると、私たちは信じているのです。

取締役 末吉正氣

 

△ページトップ

 

Copyright (C) Sanfuji foods. All Rights Reserved.